• ホーム
  • 避妊失敗した場合にピルには保険は適用できる?

避妊失敗した場合にピルには保険は適用できる?

2019年12月16日

ピルは、本来は、望まない妊娠をしないように毎日飲むものですが、避妊失敗した際に服用するアフターピルというものがあるのもご存知でしょうか。
アフターピルは、たとえばセックスの際にまったく避妊をしなかったり、避妊のためにコンドームを使用していても何らかの理由により破れたり外れたりして避妊失敗した時に、緊急で飲む避妊薬です。
避妊失敗してから、72時間以内に飲むことで高い確率で妊娠しなくて済むのですが、飲むのは早ければ早いほど効果が高いので、失敗したと思ったらすぐに婦人科に行って処方してもらうのが良いでしょう。
しかし、基本的に保険適用はできず、すべて自己負担になるので、病院によっても異なりますが5000~1万前後くらいかかると思って多めに持っていくようにしましょう。
レイプなどで必要な場合も、基本的には保険適用外になることが多いですが、病院や自治体などによってはあとで補助が出る場合もあります。

また、未成年がアフターピルを必要な場合は、母体保護法指定医となっている病院であれば親に知られることなく処方してもらうことができますが、避妊目的のピルの処方には保険適用はされません。
避妊のためではなく、月経困難症や子宮内膜症、PMSの症状が思いなどで悩んでいる人で、それが病気と診断されれば保険適用出来ることがありますが、その場合は毎日飲むタイプの低用量ピルであることに限ります。

最近では、ネット通販などで販売していることもありますが、届くのに1~2週間ほどかかる場合もあるため、避妊失敗したすぐあとに頼んでも意味がないため、もしネットで購入する場合は、失敗した時のお守りとしてあらかじめ準備しておくのがよいでしょう。
ただ、いくら緊急で避妊できるといっても、やはりきちんとコンドームなどで避妊をしてセックスするのが一番望ましい行動と言えます。

関連記事
妊娠をコントロールする基礎体温やピルとセックスレス

近年における女性の社会進出、また不景気による共働きの増加で出産の高年齢化が進んでいます。結婚しても働かなければ生活を維持できない女性が増えたため、最近では妊娠をコントロールし、将来子どもを育てられる金銭的余裕や生活の安定の目途がついてから妊娠に向けて活動する事も珍しくありません。女性がイニシアチブを...

2020年01月19日
男性の不妊症のリスクにおいて

不妊に悩むカップルは、10組に1組の割合といわれています。「不妊症」というと、女性だけに当てはまるイメージが強いかもしれませんが、不妊の原因が男性側にある、所謂「男性不妊」というものも実は多く、それに気づかずに女性だけが体質改善に励んだりしているケースは少なくありません。なぜ男性不妊になるのかという...

2019年11月17日
女性ホルモンと生理不順

女性は月経の遅れによりストレスが原因であると悟ったり、他の病気を疑ったり妊娠が判明したりと思春期から老年期まで体におこる変調なども知る事が出来ます。小学生の中学年と言われる少女期から徐々に卵巣ホルモンの分泌量が増加してきます。思春期になる準備期間とも言えます。思春期は体の変調が盛んな時期ですから、卵...

2019年09月05日
不妊症の検査・治療にかかる費用

不妊症の検査や治療を受けたいという場合、その費用が気になるかもしれません。保険の適用や助成金制度などもありますが、しっかりとした不妊症の治療を受けるためにはかなり費用がかかってくるものなのです。想像していたよりも金額が高く、不妊症治療を続けることができなくなってしまう人なども多いです。そこでこれから...

2019年10月23日
生理不順を放置するとこんな病気になる

生理不順や何ヶ月も無月経、というのは、けっこう不安になるものでしょう。でも、それをずっと放置しておくと、いくつかの病気になる、あるいはなりやすくなってしまうのです。まずは何と言っても不妊です。生理不順ということは、つまり子宮の機能である妊娠がうまくいかない状態である、ということもあります。このため、...

2019年09月25日
ストレスでやってくる生理不順

生理不順とは、生理の周期が乱れ、生理がこなかったり、反対にだらだらと続いたり、生理痛がひどいなどといった症状です。最近の若い世代に多い生理不順ですが、その原因として、不規則な生活やダイエット、過度のストレスでやってくる生理不順が多く、美意識が高い女性だからこそなりやすい現代病と言えます。生理不順を放...

2019年08月06日
生理不順に効果的な食材

生理不順に効果的な食材についてご説明します。生理不順にはストレスや急激なダイエットなど様々な原因がありますが、ホルモンバランスの乱れも原因の一つです。ホルモンバランスを安定させるためには、発芽玄米や小麦胚芽など、ビタミンEを多く含んだ食品を摂ることが効果的です。ビタミンEは血行を促進して、ホルモンを...

2019年07月21日
トリキュラーが生み出す様々な作用

「トリキュラー」は、避妊以外でも多くのメリットがあります。それは、【生理痛が軽くなって、毎月の生理が苦痛でなくなる・生理の出血量が減って、貧血が改善する・ホルモンバランスが安定し、ニキビが改善する・子宮内膜症の悪化を防ぐ・長く飲み続けることで、卵巣がん、子宮体がん、乳房良性疾患のリスクが減る・骨粗し...

2019年07月09日